に投稿 1件のコメント

フルート用飛沫防止フェイスシールドの作り方

【型紙】に続き、フルート用フェイスシールドの【キット販売】を始めます。
どちらもtobi-noteショップで取り扱っておりますのでよろしくお願いいたします。

作り方は以下をご参照ください。

A4サイズの作り方

使用する型紙

A4サイズのフェイスシールドに使用する型紙は、①(裏返して②)、③、③A、④、④Aです。

プラスチック板にカット線を下書きする

プラスチック板に切り取った型紙①②、③、④を乗せて、カット線をひきます。
②は、①をひっくり返して使います。
③と④の型紙は型紙の赤い線を切る前に、くり抜く部分を下書きしましょう。

下角の丸み部分のカット線を下書きする

最初は赤い線を切らないで角を合わせる
次に赤い線を切って「丸み線」を

型紙③と④の赤い線を切り取って、下角の丸み線のカット線をひきます。

プラスチック板のカット

プラスチック板の線をひいた部分をカッター、はさみで切り取ります。

スポンジシートのカット線を下書きする

スポンジシートに切り取った型紙③A、④Aをそれぞれ乗せて、カット線をひきます。
端から4.6センチのところに位置合わせ用の印を小さくつけておきます。
(中心から4ミリの差は折り返しの厚み分を計算に入れています)

スポンジシートのカット

スポンジシートにひいた円をカッターで切り抜きます。

3Aと4Aは円の大きさが違うので目印をつけておくことをおすすめします

両面テープの貼り付け

スポンジシートに両面テープを貼ります。
丸穴の部分は少し大きめにテープだけを取り除きます。

プラスチック板にスポンジシートを接着

プラスチック板の下に、位置合わせ用の印に端を合わせてスポンジシートを置き、貼り付けます。

反対側の面と同じ位置にスポンジの端と穴が合うようにプラスチック版をスポンジシートで挟み込み、接着します。

フルート中間部をキャッチする側の穴に切り込みを入れる

3Aのスポンジシートに、円の中央からプラスチック板の端に向かって一直線に切り込みを入れます。

A4サイズのフェイスシールド完成!

形が分かるようにするためプラスチック板の周囲に白テープを貼っています  

B4サイズの作り方

使用する型紙

A4サイズのフェイスシールドに使用する型紙は、①(裏返して②)、③、③A、⑤、⑤Aです。

プラスチック板にカット線を下書きする

プラスチック板に切り取った型紙①②、③、⑤を乗せて、カット線をひきます。
②は、①をひっくり返して使います。
③と⑤の型紙は型紙の赤い線を切る前に、くり抜く部分を下書きしましょう。

下角の丸み部分のカット線を下書きする

最初は赤い線を切らないで角を合わせる

型紙③と⑤の赤い線を切り取って、下角の丸み線のカット線をひきます。

次に赤い線を切って「丸み線」を

プラスチック板のカット

プラスチック板の線をひいた部分をカッター、はさみで切り取ります。

注:写真はA4版

スポンジシートのカット線を下書きする

スポンジシートに切り取った型紙③A、⑤Aをそれぞれ乗せて、カット線をひきます。
⑤Aは2枚必要です。
③Aの端から4.6センチのところに位置合わせ用の印を小さくつけておきます。
(中心から4ミリの差は折り返しの厚み分を計算に入れています)

スポンジシートのカット

スポンジシートにひいた円をカッターで切り抜きます。

両面テープの貼り付け

スポンジシートに両面テープを貼ります。
丸穴の部分は少し大きめにテープだけを取り除きます。

注:写真はA4版に使う④Aです

プラスチック板にスポンジシートを接着

プラスチック板の下に、位置合わせ用の印に端を合わせてスポンジシートを置き、貼り付けます。

反対側の面と同じ位置にスポンジの端と穴が合うようにプラスチック版をスポンジシートで挟み込み、接着します。

フルート中間部をキャッチする側の穴に切り込みを入れる

3Aのスポンジシートに、円の中央からプラスチック板の端に向かって一直線に切り込みを入れます。

B4サイズのフェイスシールド完成!

フルート用飛沫防止フェイスシールドの作り方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です